動画ポータル

M191-1
分娩監視装置シミュレーターⅡ

サカモト妊産婦モデル

●重量/約10kg 
●ケースサイズ/W96×D40×H32
●付属品/胎児(触診用)、模擬ドプラトランスジューサー1個、模擬陣痛トランスジューサー1個、ドプラトランスジューサー固定用ベルト1本、陣痛トランスジューサー固定用ベルト1本、ベビーパウダー、胎児設置用クッション、模擬記録紙4種、単3電池4本、収納バッグ

  • 製品概要はこちら
  • 取り扱い説明ムービーはこちら
  • カタログの印刷はこちら
  • 取扱説明書の印刷はこちら

製品特長動画

分娩監視装置シミュレーターⅡ (M191-1)

製品概要

サカモト妊産婦モデル

※サカモト分娩監視装置シミュレーターは、看護・助産実習のためのシミュレーターです。心拍数の記録や録音等はできませんのでご注意ください。

実習

1.妊産婦の各種測定が可能

39週の妊産婦を想定したボディで、実際的な測定が行えます。

心拍数聴取
腹囲測定

心拍数聴取
子宮底測定

2.触診実習

腹蓋は柔らかくできており、胎児の触診実習が可能です。付属の触診用胎児には頭蓋骨と骨盤が内臓されています。

子宮底の位置や胎児部分の触診
子宮底の位置や胎児部分の触診

胎向を確認
胎向を確認

恥骨結合上の胎児部分を触診
恥骨結合上の胎児部分を触診

3.トランスジューサーのベルト装着実習

ドプラトランスジューサー、陣痛トランスジューサーのベルト固定実習が行えます。正しく装着できているか、BOXを見て確認することができます。

陣痛トランスジューサーのベルト固定

正しく装着できていると

ドプラトランスジューサーが正しく固定されていると、BOXから心音が聞こえます。

陣痛トランスジューサーが正しく固定されていると、BOXのランプが点灯します。

装着が間違っていると

ドプラトランスジューサーが正しく固定されていないと、BOXから心音が聞こえません。

陣痛トランスジューサーが正しく固定されていないと、BOXのランプが点灯しません。

4、胎児心音聴取実習

トランスジューサーの固定により、心音を専用ボックスから聴診できます。触診して胎位、胎向を確認したうえで、トランスジューサーを
正確に固定することにより正常(120BPM)、頻脈(180BPM~)、除脈(~110BPM)の3段階の聴診が可能です。

陣痛トランスジューサーのベルト固定
専用BOXからは心音が聞こえ、裏には脈とアラームを設定できるスイッチがあります。

陣痛トランスジューサーのベルト固定
専用BOXからは心音が聞こえ、裏には脈とアラームを設定できるスイッチがあります。

5.記録紙の確認

胎4種類(正常、頻脈、徐脈、一過性徐脈)の波形を実習できます。

心拍数聴取
実際と同じ大きさの記録紙を手にとって実習可能です。(記録紙はプリント済み)

心拍数聴取
記録紙は専用BOXに差し込むことができます。

心拍数聴取
記録紙の大きさはすべて15cmX60cm

取扱説明動画

分娩監視装置シミュレーターⅡ (M191-1)

お問い合わせ