動画ポータル

M164-1
“ちょうしん”くん II

“ちょうしん”くん

●重量/約6kg ●ケースサイズ/W65×D58×H28cm
●付属品/タブレットPC、Wi-Fiルーター、聴診器、胸部カバー、ワイヤレススピーカー、収納ケース

さまざまな症例の再現により臨場感のある聴診を実習

 

製品概要

「“ちょうしん”くんⅡ」は患者の心音と呼吸音の症例をコンピュータによりリアルに再現。聴診器を使って各部位を確認しながら、疾患の特徴を聴きわけることができる聴診技術の向上をめざした教育モデルです。
病院、学校、講習会場、自宅などあらゆる場所で繰り返し練習ができます。
また、救急救命士の、緊急時における聴診技術向上のためにも役立ちます。

“ちょうしん”くん “ちょうしん”くん
胸部カバー(聴診の部位がわかります)

“ちょうしん”くん

特長

1.臨場感ある実習

組み込まれた胸骨と、柔らかな皮膚感。
7つのスピーカーを内蔵(音量が可変)。聴診器を当てて、実際の患者の心音・呼吸音を聞くのと全く同じ、リアルな実習ができます。

2.リアルな聴診音

心音20症例と呼吸音12症例の組み合わせによる複雑な症例の再現が可能です。
タブレットPCにより各症例の聴診音の違いをリアルに確認。実際的な臨床、臨場感ある学習で、聴診技術の習得に最適です。
ボディだけでなく、タブレットPCからも心音・呼吸音が再生可能です。

3.細かな設定が可能

心拍数、呼吸数の速度を任意の値に設定可能です。
各部位毎(心臓部、肺臓部)の音量、また全部位の音量が可変。細かな設定でより多くの症例を体験できます。

実習

呼吸音


心音

規格

サイズ 本 体 W55×D23×H50cm
心 音 20症例×4部位
心拍数 可変
呼吸音 12症例×3部位
呼吸数 可変
音 量 可変
電 源 AC100V 50/60Hz
消費電力 15W
使用周辺温度 5~40℃

オプション

M164専用ワゴン

 

お問い合わせ