動画ポータル

M163
嚥下のメカニズム模型

嚥下のメカニズム模型

●重量/約12kg  ●ケースサイズ/W77×D41×H40cm
●付属品/透明カバー、枕、ワイヤー付食塊模型、ベビーパウダー、収納ケース
●監修/豊橋創造大学短期大学部 准教授 大林博美

嚥下の仕組みと嚥下障害(誤嚥)を防ぐ
正しい食事介助の理解が可能

 

製品特長動画

嚥下のメカニズム模型 製品特長動画(M163)

製品概要

「嚥下のメカニズム模型」は、介助者が、嚥下の仕組みと嚥下障害(誤嚥)を防ぐ正しい食事介助を学び、
老人介護の盲点となっている嚥下障害による肺炎を防ぐことを目的に開発されました。

サカモト吸引シミュレーター

特長

  • 経鼻チューブの挿入状態を角度を見ながら確認できます。
  • 間歇的チューブ栄養法を角度を見ながら実習できます。
  • 食塊模型により摂食時の状態を把握できます。

※チューブは含まれていません。

  • 舌はやわらかく、嚥下訓練、舌や口腔周囲筋の訓練、
    吸引の練習ができます。
  • ●首の角度(頭の角度)が前に約15度、後に約45度傾けることができます。
    ●首の角度(頭の角度)と気管・食道の動きの関係が理解できます。

実習

  • 嚥下の仕組みを学習できます。
  • 誤嚥がどのようにして起こるのかを学習できます。
  • 食事のときの正しい姿勢とベッド角の関係を学習できます。
  • 首の角度(頭の角度)と誤嚥の関係を学習できます。
  • 食物が詰まったときの救急ケアの練習ができます。
  • 嚥下訓練、口腔内のケアの方法を練習できます。
  • 経鼻チューブの挿入状態、間歇的チューブ栄養法の学習ができます。
  • 口腔内吸引の学習ができます。

摂食姿勢のキーポイント

Zimmermanらのすすめる体位

摂食時における正しい姿勢の一例

  • ベッド角30度・首の角度(頭の角度)15度

お問い合わせ